アイデア

起業して成功した人が必ず読んでいるお勧め本10冊を厳選

「企業して成功する人と、失敗する人の違いは何ですか?」

 

こんな質問を成功した起業家の方にすると必ずといっていいほど

返ってくる答えの一つは「たくさん本を読みなさい」です。

 

なぜ、本を読むことが起業して成功するために必要なのか?

 

それは、本を読む人のことを英語で「reader(リーダー)」と書きます。

起業して成功した人は自分の専門、得意な分野を活かして

世の中に良い商品やサービスを提供する「leader(リーダー)」になっています。

 

つまり、これからの世の中で起業をして、リーダー(leader)になり

成功をしていく人は、reader(リーダー、読書家)であることが求められるのです。

 

起業しても、5年以内に倒産する会社が9割くらいある時代です。

そんな時代に、起業をして長期的に収入を稼ぎ「成功者」と呼ばれる人は

実は密かにたくさんの本を読んでいるのです。

 

そこで、今回は起業して成功した人の多くが、必ずといって

いいほど読んでいるであろう本を、10冊ほど厳選しました。

 

まずは、お勧めの本のタイトルを見ていただく前に

「なぜ、本を読まないと成功できないのか?」

 

このあたりを、具体的に解説をさせていただきます。

 

目次

1:なぜ、本を読まないと成功できないのか?
 1−1:起業して成功するために必要なこと? 
 1−2:会社員時代のスキルや経験などは、誰もが簡単に真似できる
 1−3:ライバルは常に目を光らせている!?
 1−4:本を読んでおけば、真似をされても怖くない!?
2:なぜ「マインドセット」を学ぶ必要があるのか?
 2−1:コーヒーを通常の3倍から5倍の価格で売れるか?
 2−2:ライバルを寄せつけないスタバのマインドセットとは?
 2−3:マインドセットを学べる本を読む
3:起業で成功したい人は読んでおきたい10冊の名著
4:まとめ

 

続きを読む

やりたいことが見つかる! 自己実現を助ける5つの自己分析

「今の会社の待遇は悪くはないけれど、仕事が好きになれない。。。」

「今の仕事を辞めるのか?続けるべきなのか?」

好きな仕事に就いたはずなのに… 

今は毎晩のように仕事の夢を見ては目が醒める。。。」

「転職するにしても、自分は何がしたいのか?何が向いているか考えても

答えがでてこない。。。」

こんな迷いを持ったまま、ズルズルと仕事を続けていってわたしの人生

何の意味があるのだろう?

もっと、やりがいや生きがいを感じることがしたいのに、、、

という悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は

「どうして、自分が何をしたいのかわからない」のか?

その理由と

「やりたいことを発見する」

5つの自己分析法をお伝えしていきます。

 

目次

1:周りの人の意見を自分の意見だと勘違いしていませんか?

 1-1:そもそも、現在の仕事はあなたが本当に望んで就いた仕事だったのか?

 1-2:自分の中のドリームキラー

 1-3:人生最後の日から逆算してみる

2:本当にやりたいことを見つけてそれを仕事にするには?

 2-1:キャリアのスィートスポット

3:やりたいことを発見する7つの自己分析法

 3-1:人生で喜びを感じたワクワクした時

        落ち込みを感じた時の節目を書き出す

 3-2:人生グラフをつくる

 3-3:あなたのハッピーを書き出してみる

 3-4:仮説をたてる

 3-5:ストレングズ・ファインダー

続きを読む

ゼロからコーチ・コンサルタント・士業で起業したい方必見!セミナー集客ブログ5つの新常識

はじめに

これからコーチ・コンサルタント・士業などで起業を考えている方にとって

切っても切り離せないのはセミナーです。

 ゼロから起業する人にとっては、信頼も実績もないところからのスタートです。

 

そのためセミナーで講師として、人前で話をすることによって様々なメリットを享受することができます。

例えば、短期間で「信頼」を手に入れることができるのも一つです。

 

また最初から「先生」の立ち位置でクライアントを獲得できるようになるため、

知識やスキルに見合った高い報酬を手に入れることも十分可能になってきます。

 

しかしながら、セミナーを開催することのメリットがわかっても、現在のあなたにとっての最大の問題は・・・

 

「セミナーを開催したいけど、どうやって集客をしたら良いのですか?」

 

ということが、最大の関門になってくることだと思います。

 

そこで今回は、ゼロからコーチ・コンサルタント・士業で起業したい方のための

セミナー集客ブログ7つの新常識についてお伝えします。

 

目次

1:そもそも、ブログとは何ですか?
 1-1:ブログの歴史
 1-2:具体的なブログの種類
2:セミナー集客ブログ5つの新常識
 2-1:ブログ上ではセミナーを売り込まない
 2-2:専門家は嫌われる
 2-3:動画を積極的に取り入れる
 2-4:単純アクセス数よりもリピート読者数を増やす
 2-5:お客さんが知りたい言葉とパワーのある単語を使う
3:ブログを始める際の最低限のマナー
4:おわりに

  続きを読む

仕事で行き詰まった時は、お風呂で4つの動作をするだけで成功できる?

仕事をしていると「もうダメだ」と思うことがよくあります。

 

「これ以上、どうにもできない」と行き詰まったままいると精神的にも

肉体的にもまいってきてしまいます。

そんな時、魔法をかけたように一瞬で目の前の問題を解決してくれる方法が

あったらどんなに良いことか・・・

 

一度でもそう感じたことがある方は、今回のお話はかなり役立つと思います。

 

なぜなら、日本に住んでいれば誰でも一度は入ったことがある、お風呂。

 このお風呂である「4つの動作」をするだけでスッキリすることは間違いありません。

 

翌日には、仕事の行き詰まりも解消できる、そんな入浴方法をお伝えします。

 

目次

1:なぜ、お風呂でスッキリするのか?
2:単なる健康法ではない想像を超えた実証済み効果
3:お風呂でスッキリ解決!?効果絶大4つの入浴法
4:お風呂に入ってBATH
 4−1:B:ブラックアウト
 4−2:A:アロマアンドキャンドル
 4−3:T:とうがらしデトックス
 4−4:H:ホットアンドコールドシャワー
5:おわりに

  続きを読む

自由に使えるお金が月20万増!サラリーマン起業おすすめ10選

サラリーマンを辞めて起業するのは、とてもリスクがあります。

親が会社経営者などの場合で、それを受け継ぐ場合は別ですがゼロから

全て自分で会社を始めるのは相当な苦労と、危険が付きまといます。

 

言ってみれば、始めて海を見た人が、浮き輪も何もつけずにいきなり

海に飛び込み泳ぎ出すようなものです。

 

準備体操もなければ、泳ぎ方も知らずに海に飛び込んだらどうなるか?

賢いあなたなら容易に想像がつくかと思います。

 

しかしながら、リスクや危険ばかりだから起業をしてはいけないのかというと、そうではありません。

 起業して会社を作る人が増えれば、日本はもっと景気がよくなります。

 

例えば、日本において企業の数は386万社で、そのうち大企業はごく一部であり、

全体の99.7%にあたる385万社は中小企業だそうです。

 そして、この中小企業の数は1986年以降長期に渡って減少傾向にあります。

 企業の従業者数の割合を見ても、大企業に勤める人は約30%で、中小企業が約70%と多く、

企業数、従業者数から見て中小企業が日本経済に極めて重要な存在になっているのです。

 

その中小企業が増えることで、雇用が確保され失業率も増え、

その企業が国に納める税金なども増え日本が活性化していきます。

なので、どんどん起業する人が増えていって欲しいのも事実です。

 

ですが、ビジネスというのは簡単ではありませんし、誰でも気軽に始めて

生活ができるレベルの収入を手に入れることができるかというと、そういうわけでもありません。

 

そこで今回はサラリーマンが今の会社にいながら、リスクなく起業して

まずは毎月プラス20万円くらいの収入を目指す方法について具体的にお伝えしていきます。

 

目次

1:サラリーマン起業とは?
2:サラリーマンを辞めずに起業する3つのメリット
3:サラリーマン起業が直面する10の障壁
4:月収プラス20万円!おすすめ起業10選
 4−1:時間と場所のリスクがない起業方法
 4−2:社会的信用や軍資金がなしで始める方法
 4−3:親や奥さんや、他人に仕事を任せて収入を得る方法
5:おわりに

続きを読む

副業、バレるとクビ?会社に内緒で副業するなら気をつけたい4カ条

景気が上向いてきたとはいえ、一向に給料が上がらないという人も多いようです。

あともう少し自由なお金が欲しい、などの理由で副業を持つサラリーマンは、

現代では5人に1人程度いるのではないかと言われています。

特に給与が少ない20代では、半数が副業をしているともいわれています。

(参考:http://fukupon.jp/knowledge/14071501.php

 

しかし、就業規則で副業を禁止されている会社は多く、バレれば懲戒解雇という場合もあるでしょう。

もちろん就業規則を遵守する事も大切ですが、本業ではお金が足りないのならば、

会社にバレずに副業をする方法を検討してみてはどうでしょうか。

会社に内緒で副業する際に、気をつけたいことをまとめてみました。

 

目次

1.本業をおろそかにしない
2. 誰にも言わない
3.お金の管理に気をつける
4.目標設定を明確に

 

続きを読む

お祝いの言葉に最適!学生に人気の7人の偉人とその名言

進学や就職などでお祝いを贈る際は、何か一言そえるのが一般的です。

「人生これから」の若い世代に伝えたい想いはたくさんあるのですが、

一言にまとめるのは意外と難しいものです。

 

インターネットで検索して出てくる例文はイマイチピンとこないし、

自分で考えたものは、何だか説教じみていてスルーされそう・・・

 

こういう悩みを持つ人は少なくありません。

結局、ありきたりなお祝いの言葉だけを書くのに落ち着く事も多いと思います。

 

できれば未来ある子供達の心に響くメッセージを届けたい、

という想いがあるのなら、偉人の名言を贈ってはいかがでしょうか。

 

今回は、学生にも人気の高い7人の偉人の名言をご紹介いたします。

 

目次
1.スティーブ・ジョブスの名言
2.ヘレン・ケラーの名言
3.ウォルト・ディズニーの名言
4.坂本龍馬の名言
5.本田宗一郎の名言
6.ココ・シャネルの名言
7.本田圭佑の名言
8.終わりに

続きを読む

悩み別解決法!あなたを困らせる会社の人間関係をラクにしませんか?

 

 

あなたはどれ? 会社での人間関係の悩み

ある統計では会社員の85%が職場の人間関係で何らかの悩みを抱えています。

あなたもこのページを読んでいるということは、何かのお悩みがあるのでしょう。

あなたはどんな悩みがありますか?

・どうしてもウマが合わない、苦手な人がいる
・会話に入れない、仲良くできる人がいない
・パワハラ・セクハラを受けている
・妬まれ、足を引っ張られる
・失敗や成果の低さで後ろめたさを感じている

 

どの悩みも本人にとっては唯一無二の重大事件ですが、似たような悩みを抱えている人は沢山います。

そして、その悩みを解決してきた先人たちもまた沢山います。

 

どうしたら解決できるのでしょうか?

 

目次

解決1:苦手な人がいる場合
 1)接点を可能な限り減らす
 2)接点を敢えて増やせ
 3)苦手な人のよいところを見つける
 4)苦手な相手でも挨拶はする
解決2:会話に入れない、仲良くできる人がいない場合
解決3:パワハラ・セクハラの場合
解決4:妬まれ、足を引っ張られる場合
解決5:失敗や成果の低さで後ろめたさを感じている場合
まとめ

 

続きを読む

起業1年目で年商1億円を突破する事業計画書の書き方

これから起業をして大きく稼ぎたいと考えている方にとって事業計画書は

とても大切なものになってきます。

 

なぜなら、事業計画書がないと銀行や投資家からまとまった事業資金を
調達することができないからです。

 

まとまった事業資金を調達できれば、その分大きなビジネスを始めることも

可能になります。

 

より大きな規模のビジネスを始めたいという方にとって、事業計画書を書く

ことは必須の作業だといっても良いでしょう。

 

また近年では、これから起業する方や新規の事業を始める企業の方むけの

助成金や補助金を受けるチャンスがたくさんあります。

 

 

起業家が活用できる補助金、助成金の参考例

 

  • 経済産業省の補助金

(創業補助金、小規模事業活性化補助金)

  • 厚生労働省の補助金

(トライアル雇用奨励金、キャリアップ助成金)

  • 自治体独自や、その他の補助金

(自治体独自のものや、政府、財団のもの)

 

他にも資金調達の方法として、親戚や友人知人やエンジェル投資家と言われる、
個人投資家やベンチャーキャピタルからの出資を受けるということも可能です。

 

また、創業当初で信用のない起業家でも比較的低いハードルでお金を融資

してくれるのが国民政策金融公庫です。

 

資金調達の方法は、昔に比べてかなり増えてきましたので、これから起業を

考えている方は地元の商工会議所などにある創業相談窓口などを活用して

みると良いかもしれません。

 

このような場所で、公的融資、助成金の申請の手続きや相談に乗ってもらえます。

 

創業窓口相談

 

 

いずれの場合も詳細な事業計画がなければ、お金を借りることは難しいと思います。

内容のわからないビジネスに簡単にお金を貸すリスクを負いたくはないのは、どこも同じです。

 

そのため事業計画書自体は、明確でわかりやすくかつ、彼らの興味や関心を

惹くものにする必要もあります。

 

一言で、投資に対するリターンが大きく、マイナスが少ないと思ってもらえるような
ビジネスであると思ってもらわなければなりません。

 

そこで、今回は「どうやったら資金調達のしやすい事業計画書を作ることができるのか?」
ということを念頭におきながら。

 

最終的に、起業初年度から年商1億円を目指す大きなビジネスで

起業したい方のための事業計画書を書く手順について詳しく解説して

いきたいと思います。

 

特に、ここでお話しをする「ある3つの要素」を入れることで、
起業1年目から年商1億円という大きな目標を達成することも十分可能になってきます。

 

 

目次

1.はじめに:準備編

2.「3つのなぜ?」に答える

3.信頼・証拠・ベネフィットを常に意識する

4.最後に

続きを読む

人材が人財に育つ! 「人材育成」の6つのポイント

よく事業は人、物、金が必要だと言われます。

 

最近は情報や時間を付け加えることもありますが、

基本はやはり人、物、金でしょう。

 

特に「人は城、人は石垣」という諺もあるように

古来より人の重要性が言われてきました。

 

物も金も重要ですが、この世の中は人で成り立っている社会なので

企業や組織を生かすも殺すもやはり人次第といえるでしょう。

 

「人材育成」は奥が深く、正解がありません。

とてもここでこういうものですとは言えませんが

 

自分の体験も含めて「人材育成」について必要なポイントを考えてみました。

 

目次
1.人材育成の6つのポイント
 1-1.相手を認める
 1-2.感謝する
 1-3.人を知る
 1-4.指導のスキルを上げる
 1-5.仕事の重要性を伝える
 1-6.指導者の人間力を高める

2.まとめ

続きを読む