どのビジネスセミナーがいいの?成功するセミナー選びの3つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一口にビジネスセミナーといっても、その種類はさまざま、

開催数も非常に多いため、どれを選んだら良いのかと戸惑う事も多いでしょう。

「よく分からないから、とりあえず目についたものでいいか」
などと適当に選択すると、ただただお金と時間をムダにしただけで、
何も得るものはなかった、などと言うことにもなりかねません。

せっかく向上心を持ち「ビジネスセミナーへ行きたい」と思ったのに、
選択を間違ったせいで挫折してしまっては、あまりにも勿体ないですね。

 

今回は、成功につながるセミナー選びの3つのポイントについてまとめていきます。

 

 

目次

1.ビジネスセミナーとは?
2.セミナーの選び方
3.参加費が意味するもの
4.セミナーに登壇する講師を確認する
5.まとめ

 

1.ビジネスセミナーとは?

 

そもそもビジネスセミナーとは何なんでしょうか?

辞書で「セミナー」という言葉を調べてみると、ゼミナールと同じ意味で、

 

小人数を対象とする,討議などをまじえた講習会(大辞林より

 

となっています。

講演会などのように、一方的に講師の話を傾聴するものではなく、
参加者同士で意見を交換する、実際の事例に当てはめてワークを行う、
などの内容が織り込まれた、比較的少人数での勉強会のことをセミナーといいます。

 

漠然と話を聞くだけでなく、積極的な参加姿勢が重要となるため、
「お客様気分」で参加すると疎外感を感じたり、
場違いな思いをすることもあるでしょう。

セミナーに対して「つまらない」「嫌だ」と感じる人がいる原因は、
ここにあるのかもしれません。

 

逆に、真剣な学びの姿勢を持ち、積極的に参加すれば、
わずか半日のセミナーでも劇的な進化をすることも可能となります。

 

セミナー参加には、自分自身の参加姿勢も非常に重要なのです。
積極的に参加したいと思うセミナーでなければ、止めた方が良いでしょう。

 

では、どのようなセミナーを選択すれば良いのでしょうか。

 

 

2.セミナーの選び方

 

当然ですが、セミナーの内容は大切です。

例えば、あなたが会社で出世したいと思っているときに、
独立起業を支援するセミナーに行くことは、全くムダとは言いませんが、
かなりの遠回りとなります。

これは、東京から大阪に行くのに、北海道を経由するようなイメージとなります。
確実に目的地にはつくでしょうし、新たな知識、経験は役に立つでしょうが、
最速でたどり着くためには、ムダも多くなります。

 

基本的に、どのようなセミナーでも得るものはありますが、
まずは自身の希望に近いものを選択するのが無難です。

 

また、漠然と「自分を変えたい」「現状を抜け出し、もっと上を目指したい」
といった時には、まずはビジネスマインドを学ぶ事ができるセミナーを
選択すると良いでしょう。

 

例えば、スティーブン・R・コヴィー氏の著書「7つの習慣」を
軸にすえたものなどが有名ですが、他にもコーチングとセットになっているものなど、
さまざまな種類があります。

(参考:フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

 

どのような道に進むとしても、成功するための基本理念というものは存在しますので、
考え方の幅を広げ、選択肢を増やす意味でも、積極的に参加すると良いでしょう。

 

資格を取得するためのセミナーなどは、悪くはないのですが、
場合によっては後回しにした方が良い場合もあります。

 

もちろん、業務命令で取得を目指す場合もあるでしょうが、
それ以外の自発的な意志での取得の場合、自分自身の選択肢を狭めてしまう
可能性もあります。

 

はじめに、この先数十年の理想の生活を思い描き、その未来に照らし合わせて今、
自分に本当に必要なスキルは何なのかを見極める事が大切です。

 

 

3.参加費が意味するもの


 

セミナーは、参加者同士の交流も持ちやすく、人脈を広げるチャンスでもあります。
どのような人と交流できるかは、勉強の内容以上に大切だという人もいるほど、
セミナーの選択には重要な要素となっています。

 

良い人脈を得るためには「今の自分にはやや高額」と思う
参加費の講座を選択すると良いでしょう。

高額な参加費を支払える人というのは、
おおむね今の自分自身よりも高いステージにいる人となります。

今より高いステージに上るためには、そのステージにいる人の考え方を
吸収することが最も近道となりますので、参加する際は積極的に
多くの人に話しかけると良いでしょう。

 

ただし、高額であれば何でも良いわけではなく、
中には詐欺まがいの講師も存在します。残念ながら、
講師の質が悪ければ参加者の質も期待できなくなります。

 

講師のSNSやブログなどを調べたり、
著作があれば読んだりといった事前のリサーチは重要といえるでしょう。

 

 
4.セミナーに登壇する講師を確認する

 

実は、セミナー選びで最も大切なのは、講師なのです。

講師に好感が持てるかどうかは、セミナー内容の理解にも関係する重要な問題ですが、
それだけではありません。

 

講師は、あなたが「こうありたい」と思う理想の未来の姿の象徴となります。

 

講師の姿が魅力的で、自分の理想通りであれば良いのですが、
たとえば非常に疲れて見える、不幸そうにみえるなど、あまり魅力的でなければ、
あなたは自分の未来が不安になるかもしれません。

 

講師は、将来において長く付き合いたいと思う人、
3年後にその人のようになりたいと思う人を選択すると良いでしょう。

 

先ほども、セミナーの目的は人脈を広げることと申しましたが、
セミナー会場で最も強い影響力を持つのは、もちろん講師です。

 

セミナー後に、できるだけ講師と直接に繋がりを持ち、
親しい関係となる事をお勧めします。後日、お礼状を封書で届けたり、
SNSでつながりを持ったり、セミナーのお手伝いを申し出るなどして、
講師にとっても特別な受講生となるよう努めます。

 

親しくなればなるほど、理想の人生をイメージしやすくなりますし、
講師から直接の指導を受けられるようになったり、
ビジネスチャンスをもらうこともできるようになるでしょう。

 

講師の姿や声が生理的に合わない、といった場合は、
内容がいくら魅力的であっても、そのセミナーは止めておいた方が良いでしょう。
最近ではセミナーの講師はYoutubeに映像を上げている場合が多いので、
参加前に検索してみると安心でしょう。

 

5.まとめ

これら3点のポイントのうち、成功のための優先順位は1講師、2参加費、3内容です。
ぜひ、講座を見極める目を持ち、最高のスタートをめざしていただけたらと思います。

 

なお、セミナー情報はセミナー告知サイトなどで検索することができます。

下記のページでは、さまざまな告知サイトを紹介していますので、
まずは条件に合ったセミナーを検索してみてはいかがでしょうか。

 

販促伝説:自社セミナー集客のために告知ができるサイト12選

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。