起業1年目で年商1億円を突破する事業計画書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これから起業をして大きく稼ぎたいと考えている方にとって事業計画書は

とても大切なものになってきます。

 

なぜなら、事業計画書がないと銀行や投資家からまとまった事業資金を
調達することができないからです。

 

まとまった事業資金を調達できれば、その分大きなビジネスを始めることも

可能になります。

 

より大きな規模のビジネスを始めたいという方にとって、事業計画書を書く

ことは必須の作業だといっても良いでしょう。

 

また近年では、これから起業する方や新規の事業を始める企業の方むけの

助成金や補助金を受けるチャンスがたくさんあります。

 

 

起業家が活用できる補助金、助成金の参考例

 

  • 経済産業省の補助金

(創業補助金、小規模事業活性化補助金)

  • 厚生労働省の補助金

(トライアル雇用奨励金、キャリアップ助成金)

  • 自治体独自や、その他の補助金

(自治体独自のものや、政府、財団のもの)

 

他にも資金調達の方法として、親戚や友人知人やエンジェル投資家と言われる、
個人投資家やベンチャーキャピタルからの出資を受けるということも可能です。

 

また、創業当初で信用のない起業家でも比較的低いハードルでお金を融資

してくれるのが国民政策金融公庫です。

 

資金調達の方法は、昔に比べてかなり増えてきましたので、これから起業を

考えている方は地元の商工会議所などにある創業相談窓口などを活用して

みると良いかもしれません。

 

このような場所で、公的融資、助成金の申請の手続きや相談に乗ってもらえます。

 

創業窓口相談

 

 

いずれの場合も詳細な事業計画がなければ、お金を借りることは難しいと思います。

内容のわからないビジネスに簡単にお金を貸すリスクを負いたくはないのは、どこも同じです。

 

そのため事業計画書自体は、明確でわかりやすくかつ、彼らの興味や関心を

惹くものにする必要もあります。

 

一言で、投資に対するリターンが大きく、マイナスが少ないと思ってもらえるような
ビジネスであると思ってもらわなければなりません。

 

そこで、今回は「どうやったら資金調達のしやすい事業計画書を作ることができるのか?」
ということを念頭におきながら。

 

最終的に、起業初年度から年商1億円を目指す大きなビジネスで

起業したい方のための事業計画書を書く手順について詳しく解説して

いきたいと思います。

 

特に、ここでお話しをする「ある3つの要素」を入れることで、
起業1年目から年商1億円という大きな目標を達成することも十分可能になってきます。

 

 

目次

1.はじめに:準備編

2.「3つのなぜ?」に答える

3.信頼・証拠・ベネフィットを常に意識する

4.最後に

 

1.はじめに:準備編

 

まず、事業計画書を書く前の準備段階として覚えておきたい知識があります。

 

それは、経営とは一体どういったものなのか?

 

ということについてです。

 

事業計画書は、会社を経営するために作るものです。

 

その会社を経営するということは、そもそも一体どういうことなのか?

 

という基本となる考え方を抑えておく必要があります。

 

経営とは、「ヒト・モノ・カネ・情報」といった資源を使い

価値を生み出し世の中に提供していくこと

 

経営者であるあなたは、これらを上手に動かし分配するという
「マネジメント」をする代表者、リーダーになります。

 

「ヒト・モノ・カネ・情報」を上手に動かすことができないと、経営が

成り立たず倒産をしてしまいます。

 

自分の家族だけでなく、従業員や彼らの家族まで不幸になってしまいます。

 

社会に貢献をしながら、かつ会社に利益を残すためには会社組織を円滑に

運営していくリーダーとしての経営手腕が問われることになります。

 

つまり、金融機関や投資家に事業計画書を提出してくださいと言われることは、

 

「地域や社会に貢献をしながら、かつ会社に利益を残し自分も従業員も
みんなハッピーになるために会社をどう円滑に運営していくのか?
その考えや計画」をまとめて詳しく教えてくださいね。

 

ということと同じことになります。

 

 

なぜ?事業計画書にまとめないといけないのか?

 

金融機関や投資家は、あなたが会社の経営者として相応しいかどうか?

 

お金を貸して問題がないかどうかを判断しなければいけません。

 

当然、そこには、これまでの経験や実績、経営者自身の人柄という

要素も重要な判断材料に入ってきます。

 

しかしながら、過去の経験や実績はいくらでも脚色できます。

 

針小棒大にアピールすることも可能です。

 

人柄は、偽れないと思われるかもしれませんが。

 

何度も会い親しい間柄になってくると、ある心理状態が働き人柄でさえも

相手に良いように解釈させることも可能になってきます。

 

家族や親戚と同じくらい、他人を信用させてしまうことも土台無理な

話ではありません。

 

そう考えると、資金を融資するための客観的な判断材料がなくなって

しまいます。

 

だから、誰が見ても冷静に客観的にビジネスや経営者としての才能を

判断できる材料が必要となってきます。

 

その材料というのが、事業計画書ということになります。

 

起業1年目で年商1億円を突破する事業計画書の書き方

 

具体的に、事業計画書を書く際には次の7つの項目について詳しくする

必要があります。

 

1:事業概要 

2:会社概要 

3:製品とサービス 

4:市場分析の概要

5:戦略と実行方法 

6:組織経営体制 

7:資金計画

 

さらに詳しい内容は、この後に解説をしていきますが。

 

この7つの基本項目について、経営に必要な資源

「ヒト・モノ・カネ・情報」をどうやって活用していくのか?

 

ということを念頭に、事業計画書を書いていきます。

 

また、各項目についてはできる限り読みやすい文章であることは当然ですが。

 

それに加えて、次の3つことを意識して書くとよいかと思います。

 

通常の事業計画書などの書き方などが書かれた本や、

WEBサイトはたくさんあります。

 

しかしながら、開業初年度から年商1億円を達成できる事業計画書か

というとそうではありません。

開業初年度から大きな目標をクリアするための事業計書には次の

3つの要素が入っているかどうかにかかってきます。

 

 

年商1億円の事業計画書に必要な3つの要素

 

1・アイディアではなく物語

 

事業計画を書くとなると、大抵の起業家は、

良いビジネスアイディアを書こうとします。

 

これは、間違いではありませんが、正解でもありません。

 

投資家や、金融機関の融資の担当が見ているのはビジネスの「アイディア」ではありません。

 

逆に言えば、ビジネスのアイディアなどはすぐに、他のライバルに真似をされます。

 

なので、自己満足のビジネスアイディアをいくら書いたところで、

資金調達は厳しいと思って間違いありません。

 

例えば、ある起業家がFacebookをさらに進化させたようなSNSを考えついたとします。

 

一見、優れたアイディアで評価されるように思われるかもしれませんが。

 

投資家や金融機関が興味や関心があるのは、斬新なビジネスアイディアではなく。

 

普通のビジネスだったとしても、それを如何に、上手く経営していくことができるか?

 

「ヒト、モノ、カネ、情報」という資源を効果的に使い、いかに社会に

貢献するビジネスを行うことができるのかを見ています。

 

飛び抜けたアイディアでも、実行されなければ価値がないことを

彼らは知っているのです。

 

ゼロからビジネスを始めて、「ヒト、モノ、カネ、情報」を使ってどうやって

ビジネスを成功に導いていくことができるのか?

 

そこだけが知りたいのです。

 

事業計画書は一連の物語

 

ゼロからビジネスを始め、会社を成長させていく様子は、よく物語に

例えられることがあります。

 

ここでは幼い頃から馴染みのある「桃太郎」を取り上げて解説をさせていただきます。

 

桃太郎は、鬼ヶ島へ鬼退治に行くという使命(ミッション)を掲げます。

 

そして、鬼ヶ島へ向かう途中に「犬」「猿」「キジ」という仲間に出会います。

 

桃太郎が会社を立ち上げる社長なら犬、猿、キジたちは一緒に立ち上げる

仲間やパートナーといったところでしょう。

 

会社の部署に例えるなら営業や人事、総務経理の役を担っているイメージです。

 

そして、仲間たちと一緒に様々な困難を乗り越えて、

鬼ヶ島に到着して鬼退治という目標を達成します。

 

この仲間がいるなら、仲間の役割も事業計画の中で紹介すると良いでしょう。

 

同じ会社組織の仲間に限らず、取引先の仲間という考えもありますので

製品などを提供する場合は、この製造会社のことなども詳細に記載する

必要があると思ってください。

 

また、様々な困難というのは事業計画上のリスク想定になります。

 

考えられるリスクを事前に想定して、それを回避する計画を盛り込んで

あるか?万一、そのリスクが起こった場合は、どう対処するのかなども書いてあるとベストです。

 

こうして、仲間と一緒に様々な想定される危険を乗り越えて会社を成長させていく予定なのか?

 

ということを一連の物語で考えてみると良いでしょう。

 

 

2.「3つのなぜ?」に答える

 

物語の次に、大切になってくるのが投資家、金融機関の担当者が知りたい

「3つのなぜ?」に答えることです。

 

会社を経営するということは、「モノやサービス」をお客さんに提供をして

その対価としてお金をいただくことになります。

 

その「モノやサービス」について、以下の3つの疑問に答える必要があります。

 

なぜ、あなたから買わないといけないのか?

 

世の中には、たくさんの「モノやサービス」が溢れています。

 

当然、同じものを提供している会社もあることでしょう。

 

そんな、たくさん同じような会社がある中で、なぜ、あなたから買わないといけないのか?

 

なぜ、あなたのサービスを使う必要があるのか?

 

このことを明確に伝えないといけません。

 

ライバル会社がたくさんあるのに、その中で、あなたの話、セールストークに

耳を傾けないといけない理由を多くの人は知りたいのです。

 

早い話、「あなたが何者で、どうしてそれを提供しているのか?」ということを、
教えてあげる必要があると思ってください。

 

なぜ、私(達)にとってそれが必要なのか?

 

次に、答えないといけない疑問は、なぜ、あなたの商品やサービスが私(達)に必要なのか?

 

ということです。

 

商品やサービスにはライバルと違って、どんな特徴や効果、効能があり、

それを使うことによって、お客さんはどんな結果を手に入れることができるのか?

 

そこを詳しく教えてあげる必要があります。

 

そうすることで、それを必要とする人に、あなたの商品やサービスを

使ってもらえるようになるからです。

 

また既に売られているライバルと同じ商品やサービスなら、

誰にも見向きがされません。

 

ライバルとの違いが、どうお客さんにとって魅力的なのか?価値が

あるのかを正しく伝えてあげる必要があります。

 

なぜ、今なのか?

 

最後に、「今」その商品やサービスを提供する理由を説明しなければいけません。

 

世の中には、普通に生活をするには十分と言って良いほど商品やサービスが溢れています。

 

そんな中で、なぜ「今」その商品やサービスを提供する会社を立ち上げるのか?

 

その理由や背景を詳しく書く必要が出てきます。

 

ビジネスの言葉で書くなら、「市場の参入タイミング」とか

「世の中の時代背景、消費者ニーズ」ということになります。

 

このような難しい言葉を言われるから、事業計画書が書けなくなってしまいます。

 

シンプルに、「なぜ、今なのか?」という理由を書くと覚えておくと良いかと思います。

 

3・信頼・証拠・ベネフィットを常に意識する


 

事業計画書の全体に、この「信頼・証拠・ベネフィット」を

入れると覚えておきましょう。

 

信頼をしてもらう

 

あなた自身や会社として、どれだけの信頼性があるか?

 

それが、投資家、金融機関などに伝わるようにしなければいけません。

 

資格が必要なビジネスなら、当然資格を持っていることや、その資格を使った

仕事をどれだけ経験してきたか?などを書くのも信頼につながります。

 

「経営者の経験もありませんし、信頼など自分にはありません・・・」

 

と、諦めの声も聞こえてきそうですが。

 

自分の経験や実績以外でも取引先やパートナーや友人、
知人で著名な経営者の方の推薦なども信頼性を得ることができるかもしれません。

 

諦めずに、探して見ると良いでしょう。

 

証拠も、信頼と近い要素ですが。

 

証拠は、客観的な数値やデータ

 

国や政府や、自治体などが発表している市場の規模のデータ。

 

消費者の詳細な分析結果のデータもすべて、証拠になります。

 

あなたの主張の裏付けとなる、証拠を一つでも多く事業計画に入れるように意識してください。

 

ベネフィットは、「不」から考える

 

ベネフィットは、お客さんのどういった「不」を解消、解決する

ことができるのかを明確に書くと良いと覚えておいてください。

 

「不」=不安、不平、不満、不便、不利、不自由、不平等、不得手・・・

 

などです。

 

あなたの商品、サービスは、お客さんのどんな「不」を解決して

あげることができるのかを明確にしたのがベネフィットになります。

 

このベネフィットがなく、数字の計画だけの事業計画はとても無味乾燥でし。

 

誰にも興味や関心を持ってもらうことができません。

 

ぜひ、あなたが提供できるベネフィットを一つでも多く、事業計画に書き入れてみてください。

 

事業計画書7つの項目

 

ここまで読んだあなたは、もう以下の事業計画に書き込む

内容について、かなり具体的にイメージがついているはずです。

 

そこで、今度は年商1億円の事業計画書に必要な3つの要素を入れながら

以下の7つの項目について具体的に書いてみてください。

 

1:事業概要

  • 目的
  • ミッション
  • 物語の全体像

 

2:会社概要

  • ヴィジョン
  • ミッション
  • 会社所在地
  • 信頼・証拠

 

3:製品とサービス

  • 商品、サービスの概要
  • どんな「不」を解消するのか?
  • ベネフィット

 

4:市場分析の概要

  • イノベーション
  • ライバルと競合分析

 

5:戦略と実行方法

  • マーケティング戦略
  • マーケットの情報

 

6:組織経営体制

 ・組織体制

 ・マネジメント

 

7:資金計画

  • お金の流れ
  • 財務計画
  • 中長期計画

 

全体を通して、「ヒト、モノ、カネ、情報」の資源をどう使うかということ。

 

そのために、あなた自身がどんな成功物語を作っていきたいと考えているのか?

なぜ、それをやる必要があるのか?

 

信頼・証拠・ベネフィットがちゃんと入っていて、

それが読む人に伝わっているか?

 

それぞれの項目を客観的に分析しながら書くことができるようになったのではないでしょうか?

 

初めて事業計画書を書く場合は、書けない箇所があって当然だと思います。

 

7の資金計画の中のお金の流れについては、予想のキャッシュフロー

や貸借対照表、融資の返済や損益計画などより専門的な知識が

必要になってくるものもあります。

 

最初から完璧なものを書ける必要はないですし。

 

完璧なものを投資家や金融機関が求めているわけではありませんので安心してください。

 

一度提出をして、突き返されたら書き直すくらいの余裕を持ってください。

 

もっと言えば、起業1年目で年商1億円を達成するという大きな目標を

達成するため事業計画書です。

 

ぜひ、あなたが年商1億円の一流経営者になるという大きなゴールに

到着するための物語を書くつもりで、楽しみながら事業計画書を

書いてみていただければと思います。

 

 

4.最後に

 

起業1年目から年商1億円を達成するために・・・

 

地元の商工会議所や、会計、税理士事務所が主催する経営者向けの

事業計画書作成のセミナーを多くみかけます。

 

そのようなセミナーに参加をして、事業計画書や経営数字の細かい

考え方などを学ぶのも良いかと思います。

 

ここには書ききれませんでしたが・・・

 

会社を経営するということは、お金にお流れを管理することにもなります。

 

まして、投資家や金融機関から大きな事業資金を集めた場合などは特に

計画通りに資金を使って事業を管理していかないと、資金ショートなどで

倒産をしてしまうことも十分ありえます。

 

お金の管理も大切な経営ノウハウなので、補足的に数字で考える

事業計画のセミナーなども受講されておかれることをお勧めいたします。

 

絵に描いた餅で終わらないために

 

また、事業計画書は細部まで完璧に作らないと、資金調達ができないとか。

 

ビジネスがスタートできないわけではありません。

 

あくまでも、大きな会社の目標をまとめたものが事業計画書になります。

 

航海に例えるなら、目的地まで迷わずに辿りつくための航海図のようなものです。

 

作成後は、後生大事に机にしまっておくものではなく、都度、軌道修正を

しながら目標達成までにやるべきことを追加していく必要があります。

 

PDCAサイクルという言葉を聞いたことがあるかと思いますが。

 

P:プラン(事業計画書)

D:ドゥ(実行)

C:チェック(評価)

A:アクション(改善のための行動)

 

このPDCAサイクルを繰り返しながら、事業計画を達成していく必要があります。

 

ぜひ、せっかく時間をかけた作成した事業計画書が絵に描いた餅で

終わらないように「PDCA」を意識して、会社を経営していただければと思います。

 

 

日本政策金融公庫

 

補助金・助成金を探すなら「ミラサポ」

 

PDCAサイクルとは?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。