副収入を得るために

マイナンバーで副業がばれる!はウソ!?バレない副業に必要なたった一つの知識とは?

賛否両論、さまざまな議論を巻き起こしたマイナンバーも、

平成28年より制度の本格運用が開始しています。

 

その詳細について、実はよく分かっていないという人も多いのですが、

制度の開始直前に「マイナンバーで副業がばれるのではないか」というウワサが流れ、

多くの副業をしているサラリーマンが不安になったようです。

 

マイナンバー制度によって、本当に副業がバレる可能性があるのかどうか、

詳しく見てみましょう。

 

 

目次

1.マイナンバー制度とは?

2.個人情報は守られるのか?

3.副業はバレるのか?

4.キャバ嬢は廃業すべきか?

5.アルバイト以外の働き方を考えよう

 

続きを読む

誰にも内緒で副業したいなら!人気のインターネットビジネス5種とその現実

景気回復の兆しはあるものの、個人レベルでみると

一向に給料には反映されない状態が続いています。

 

会社としても、

給与を上げたい気持ちはあるのでしょうが、

 まだまだ安定的に利益が見込めるというにはほど遠く、

昇給までの道のりは長いようです。

 

このような社会情勢もあり、

副業を考えるサラリーマンは増加しています。

 

特に20代のサラリーマンでは

5人に1人が副業を経験したことがあると言われています。

(参考:http://doda.jp/careercompass/yoron/20130917-6938.html

 

 会社の手取りだけでは生活していくのがやっとという人も多く、

「あと5万、できれば10万、自由に使えるお金がほしい」というのは、

多くのサラリーマンに共通する願いではないでしょうか。

 

しかし、多くの会社では副業が禁止されています。

万が一アルバイトなどの副業がバレれば、

減給などの厳しい処分を受ける可能性もあるでしょう。

 

ただでさえ少ない給料が、これ以上減ってしまったら生活できない・・・。

 そんな厳しい状況にならないためにも、

副業は会社にばれないように細心の注意を払うことが大切です。

 

最近では、インターネットを利用した副業に人気が集まっています。

 今回は、インターネットビジネスが副業に向いている理由と、

人気の仕事の実情について見てみましょう。

 

目次

1.アルバイトは危険と隣りあわせ!
2.雑所得となる収入を狙う
3.アフィリエイトとは?
4.FX取引とは
5.物販系の副業
6.クラウドソーシング
7.インターネットを使用したビジネスで注意したいこと

 

  続きを読む

副業バイトを成功させたいならおさえておきたい!4つのポイントとは?

ニュースでは「景気が回復している」と言っているのに、

自分の給料は一向に上がらない、どうなってるんだ!と思うサラリーマンは多いようです。

 

国税庁の報告によると、平成26年のサラリーマンの平均年収は415万円となっています。

(参考サイト:http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

 

ここから税金などを引かれて、手取りは25万円程度というのが一般的ではないでしょうか。

 

ただし、この平均には高額所得者も含まれています。

50歳代男性では平均年収も656万と高めですが、これは役職付きの人が多いことと、

バブルの時代に働き始め、基本給が高めであることが原因と考えられます。

逆に、新人世代の多い20代後半では男性の平均年収は378万円となっており、

その生活は決して楽ではないようです。

 

「あともう少し収入があれば」というのは、特に若いサラリーマンにとっては

切なる願いともいえ、実際に副業を持つサラリーマンの数も増加していると言われています。

 

ギリギリ何とか生きていける、といった息苦しさから抜け出し、たまには少し贅沢を味わいたい、

趣味にもお金をかけたい、といった希望があるなら、最低でも月収30万は確保したいものです。

 

では、サラリーマンの副業に向くバイトには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

今回は、サラリーマンが続けやすい副業を4つの観点からご紹介します。

なお、就業規則で副業が禁止されている場合は、給与所得となる

アルバイトはできませんので、事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 

 

目次

1.好きな分野の仕事をする

2.睡眠時間を確保する

3.在宅でできるアルバイトを狙う

4.雑所得となる職種を選択

 

続きを読む

自由に使えるお金が月20万増!サラリーマン起業おすすめ10選

サラリーマンを辞めて起業するのは、とてもリスクがあります。

親が会社経営者などの場合で、それを受け継ぐ場合は別ですがゼロから

全て自分で会社を始めるのは相当な苦労と、危険が付きまといます。

 

言ってみれば、始めて海を見た人が、浮き輪も何もつけずにいきなり

海に飛び込み泳ぎ出すようなものです。

 

準備体操もなければ、泳ぎ方も知らずに海に飛び込んだらどうなるか?

賢いあなたなら容易に想像がつくかと思います。

 

しかしながら、リスクや危険ばかりだから起業をしてはいけないのかというと、そうではありません。

 起業して会社を作る人が増えれば、日本はもっと景気がよくなります。

 

例えば、日本において企業の数は386万社で、そのうち大企業はごく一部であり、

全体の99.7%にあたる385万社は中小企業だそうです。

 そして、この中小企業の数は1986年以降長期に渡って減少傾向にあります。

 企業の従業者数の割合を見ても、大企業に勤める人は約30%で、中小企業が約70%と多く、

企業数、従業者数から見て中小企業が日本経済に極めて重要な存在になっているのです。

 

その中小企業が増えることで、雇用が確保され失業率も増え、

その企業が国に納める税金なども増え日本が活性化していきます。

なので、どんどん起業する人が増えていって欲しいのも事実です。

 

ですが、ビジネスというのは簡単ではありませんし、誰でも気軽に始めて

生活ができるレベルの収入を手に入れることができるかというと、そういうわけでもありません。

 

そこで今回はサラリーマンが今の会社にいながら、リスクなく起業して

まずは毎月プラス20万円くらいの収入を目指す方法について具体的にお伝えしていきます。

 

目次

1:サラリーマン起業とは?
2:サラリーマンを辞めずに起業する3つのメリット
3:サラリーマン起業が直面する10の障壁
4:月収プラス20万円!おすすめ起業10選
 4−1:時間と場所のリスクがない起業方法
 4−2:社会的信用や軍資金がなしで始める方法
 4−3:親や奥さんや、他人に仕事を任せて収入を得る方法
5:おわりに

続きを読む

副業、バレるとクビ?会社に内緒で副業するなら気をつけたい4カ条

景気が上向いてきたとはいえ、一向に給料が上がらないという人も多いようです。

あともう少し自由なお金が欲しい、などの理由で副業を持つサラリーマンは、

現代では5人に1人程度いるのではないかと言われています。

特に給与が少ない20代では、半数が副業をしているともいわれています。

(参考:http://fukupon.jp/knowledge/14071501.php

 

しかし、就業規則で副業を禁止されている会社は多く、バレれば懲戒解雇という場合もあるでしょう。

もちろん就業規則を遵守する事も大切ですが、本業ではお金が足りないのならば、

会社にバレずに副業をする方法を検討してみてはどうでしょうか。

会社に内緒で副業する際に、気をつけたいことをまとめてみました。

 

目次

1.本業をおろそかにしない
2. 誰にも言わない
3.お金の管理に気をつける
4.目標設定を明確に

 

続きを読む

初心者でもゼロから資産1億円!?大富豪の投資と資産形成術を公開

これからの時代はこの「正しい」資産形成のための投資についての知識を持たないといけません。

 

なぜなら銀行のマイナス金利の導入や、消費税の増税、ハイパーインフレの

リスクなど・・・

 あなたが気付かないところで、資産が目減りするリスクがたくさんあるからです。

 

そのリスクを回避するためには、「正しい投資の知識」が必要です。

 

そこで今回は、「投資で億」単位の資産を構築した人や、億万長者と言われる

人が実践している人の資産形成術をお伝えしたいと思います。

 

これを実践することによって、たとえあなたが投資初心者でも

ゼロから1億円の資産を構築することも十分可能になってきます。

 

目次

1:なぜ正しい投資の知識が必要なのか? 
 1−1:お金の本質的な価値と、投資についての正しい考え方
 1−2:投資と支出の違いは?
 1−3:身近な「投資」と「支出」の違い
2:金融商品の投資で知っておきたい4つのポイント
 2−1:複利か単利か?
 2−2:手数料や税金を確認する
 2−3:負け上手になる
 2−4:投資の10%ルールを作る
3:世界の大富豪投資家が大切にしている3つのお金の習慣
 3−1:借金をしない
 3−2:無駄な支出を減らす
 3−3:価値が上昇するものに投資をする
4:まとめ

続きを読む

ビジネスアイデアを出すのは簡単?アイデアを量産する5つの方法とは

 

1つの商品、またはサービスが市場で生き残る期間は
平均して5年、長くても10年と言われています。

たった一つの商品、またはサービスの提供をするビジネスモデルでは、
売上は下降し続け、やがては消滅する会社の仲間入りをすることになります。

 

会社を起業し、ビジネスを軌道に乗せた後は、新製品や新規サービス、
または既存商品の新たなアプローチを考える事が非常に重要なのです。

 

とはいえ、起業家の多くは多忙で
「ゆっくり考えている時間がない」「良い知恵が浮かばない」
などといった理由で、この部分をないがしろにする人は少なくありません。

 

しかし、もしも会社を長期的に存続させたいのであれば、
ビジネスアイデアを生み出すことはすべての業務に優先される最重要事項です。

定期的に新たなアイデアを作成する時間を取ると良いでしょう。
たとえば、会社の創業日は必ずビジネスアイデアを作成するなど、
あらかじめスケジュールに組み込む工夫が必要なのです。

 

では、新たなアイデアを生み出すためには、どのような点に着目すれば良いのでしょうか。
スタンダードな方法を5つ、紹介します。

 

 

目次
1.自分自身の強みを見直す
2.顧客に聞く
3.成功事例に学ぶ
4. ニッチを探す
5.外部の人間に聞く

 

続きを読む