会社でのスキルアップ

仕事で部下をもつリーダー必見!新入社員のやる気を引き出す10のコツ

このお話は、次の方のために書きました。

 

1|部下を初めてもったリーダー、管理職の人                                                          

2|新入社員を育てる起業家や会社の経営者

3|部下が思い通りに結果を出してくれず自信喪失中の人

 

あなたはリーダー不適格!?

 

リーダーや管理職になると新入社員などの部下を持つことになります。

 先輩と後輩の関係ではなく、上司と部下の関係です。

 

先輩の立場で新入社員に接する時に必要なのはキャリアに基づく

「経験」や「知識」です。

 

これを詳しく教えることができる人が、優秀な先輩です。

 でも、リーダーは違います。

 

リーダーの仕事は、新入社員を育てることです。

 自分の経験を教えることだけが、リーダーの仕事ではありません。

 先輩の延長で、リーダーの仕事をやろうとすると必ず失敗します。

 

なぜなら、新入社員の後輩が経験を積み、知識が増えると先輩の仕事の実績や

経験を超えることもあるからです。

 

そうなってしまうと、例え組織内の肩書きではリーダーと部下という立場の

違いがあっても、あっと言う間に「リーダー不適格」の烙印を押されてしまいます。

 

リーダーの言うことを聞いてくれなくなり、仕事の結果も出して

くれなくなるという悪循環に陥ります。

 

すぐ会社を辞める新入社員

 

今は、どこの企業も新入社員の定着率が、短いと言われています。

 せっかく入社したのに、すぐに辞めてしまう新入社員が年々増えています。

 

参考:厚生労働省「新規学卒者の離職状況に関する資料一覧」

http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/24.html

 

採用活動にお金をかけて、1、2年、社員教育をしたら転職されてしまいます。

これでは、会社の損失のほうが多くなります。

 

でも、その原因を作っているのもまた会社なのです。

 

おそらく、その際たる原因が、新入社員が入社後に初めてつく

リーダーの影響が多いと感じています。

 

先輩の役割を果たしているだけのリーダーの下に配属されると

ヤル気がなくなります。

新入社員のヤル気を引き出すのは、正しい知識や考え方を身につける必要があります。

 

そこで、今回はリーダーのための新入社員のモチベーションを上げる

コツについて、10の要点をまとめました。

 

目次

1.「なりたい自分」の目標を明確にさせる
2.強い欲を持たせる
3.結果ではなく、プロセスを評価する
4.褒める時は、みんなの前、怒る時は二人きり
5.相手に思いつかせる
6.聞き手に回る
7.能力に自信を持たせる
8.褒美よりも自己重要感を満たしてあげる
9.「頑張れ!」ではなく、「頑張っているな!」
10.次のリーダーを育てる心構えが必要
おわりに

 

続きを読む

年収1000万超えのビジネスマンが共通して学んでいる4つのコアスキル

はじめに

 

今回は、3人の方に向けて書きました。

 

1|今の会社で出世したいサラリーマンの方

2|有利な収入条件で転職したい方

3|独立起業して自分の力で稼いでいきたい方

 

未曾有の不景気と言われる中でも収入を増やすことに成功している

ビジネスマンもいます。

参考:日本の富裕層ピラミッド上位14人、下位200万人

 

今回は、そんな高所得者層の人たちが共通して学び、身につけている

4つのコアスキルについてお伝えします。

 

この4つのビジネススキルのうちのどれか一つ、深い知識を持っているだけで

収入アップはほぼ間違いなく約束されることでしょう。

 

逆に、この4つのコアスキルを身につけても収入が増えない場合は、

転職をしたり起業をするという選択肢も増えるはずです。

それくらい将来に渡って長く役立ち、収入に直結するビジネスマン必須のスキルと言ってよいでしょう。

 

それでは、さっそく4つのコアスキルについてみていきます。

 

目次

1:セールス
 1−1:ギネス認定、世界一の営業マン
 1−2:契約率99%!日本の営業の神様
 1−3:セールス力の高め方
2:コピーライティング
 2−1:セールスコピーライティングとは?
 2—2:どうやって学ぶのか?
 2—3:セールスコピーライティングの実践と事例
3:パブリックスピーキング
 3−1:パブリックスピーキングの勉強方法
 3−2:YouTuber的トレーニング法
4:オンラインマーケティング
 4—1:お客さんはどこに消えた?
 4−2:金太郎飴のライバルばかり
 4−3:マーケティングでお客さんを連れ戻す
 4−4:オンラインマーケティングを学ぶ方法
5:おわりに

 

続きを読む

仕事で行き詰まった時は、お風呂で4つの動作をするだけで成功できる?

仕事をしていると「もうダメだ」と思うことがよくあります。

 

「これ以上、どうにもできない」と行き詰まったままいると精神的にも

肉体的にもまいってきてしまいます。

そんな時、魔法をかけたように一瞬で目の前の問題を解決してくれる方法が

あったらどんなに良いことか・・・

 

一度でもそう感じたことがある方は、今回のお話はかなり役立つと思います。

 

なぜなら、日本に住んでいれば誰でも一度は入ったことがある、お風呂。

 このお風呂である「4つの動作」をするだけでスッキリすることは間違いありません。

 

翌日には、仕事の行き詰まりも解消できる、そんな入浴方法をお伝えします。

 

目次

1:なぜ、お風呂でスッキリするのか?
2:単なる健康法ではない想像を超えた実証済み効果
3:お風呂でスッキリ解決!?効果絶大4つの入浴法
4:お風呂に入ってBATH
 4−1:B:ブラックアウト
 4−2:A:アロマアンドキャンドル
 4−3:T:とうがらしデトックス
 4−4:H:ホットアンドコールドシャワー
5:おわりに

  続きを読む

悩み別解決法!あなたを困らせる会社の人間関係をラクにしませんか?

 

 

あなたはどれ? 会社での人間関係の悩み

ある統計では会社員の85%が職場の人間関係で何らかの悩みを抱えています。

あなたもこのページを読んでいるということは、何かのお悩みがあるのでしょう。

あなたはどんな悩みがありますか?

・どうしてもウマが合わない、苦手な人がいる
・会話に入れない、仲良くできる人がいない
・パワハラ・セクハラを受けている
・妬まれ、足を引っ張られる
・失敗や成果の低さで後ろめたさを感じている

 

どの悩みも本人にとっては唯一無二の重大事件ですが、似たような悩みを抱えている人は沢山います。

そして、その悩みを解決してきた先人たちもまた沢山います。

 

どうしたら解決できるのでしょうか?

 

目次

解決1:苦手な人がいる場合
 1)接点を可能な限り減らす
 2)接点を敢えて増やせ
 3)苦手な人のよいところを見つける
 4)苦手な相手でも挨拶はする
解決2:会話に入れない、仲良くできる人がいない場合
解決3:パワハラ・セクハラの場合
解決4:妬まれ、足を引っ張られる場合
解決5:失敗や成果の低さで後ろめたさを感じている場合
まとめ

 

続きを読む

世界MBAランキングから見えてきた日本企業が抱える3つの問題とその解決策

今の日本の企業は開業後5年で8割、10年で9割が倒産してしまうと言われています。

15年、20年続く企業は5%未満とも言われています。

 

10年以内に倒産する企業が多いということは、

それだけ失業者数も多くなることになります。

 

失業手当や、場合によっては生活保護といった国の税金をたくさん使い救済する必要も出てきます。

日本の財源を見ても、歳入よりも歳出の方が上回っているため、そんな余裕はありません。

 

国の財源を確保のために消費税の増税を画策するなかで、

国内の企業の活性化こそが、個人家庭、強いては日本経済の再生のためには

重要な役割を担っているということは言うまでもありません。

 

「ジャパンアズナンバーワン」と言われた1980年代のように、日本企業が

もう一度、世界に評価されるようになるためには一人でも多くの

「MBA」保持者を配置する必要があるのです。

 

つまりMBAを持つビジネスマンを国内の企業内部に増やすことが、

結果的に世界的な競争力を持つ企業を増やすことにもつながるのです。

世界的競争力を持つ企業が増えることで、日本経済の再生が近づくと考えられているのです。

なぜ、そのようなことが言えるのか?

 

その理由の一つに、安倍内閣では日本再生の緊急の課題として、

「教育」と「経済」の再生に全力をあげることを急務としていることが挙げられます。

 

平成27年5月には、自民党内部に教育再生実行本部による提言で、日本の産業競争力強化のため、

企業のニーズにあわせた教育ができるよう大学院改革を進める以下のことを具体的に盛り込みました。

 

「博士号の取得者や専門職大学院の修了者を5年で倍にすること」

「世界のMBAランキング100に日本の大学院を5校以上入れること」

参考:平成27年5月12日自由民主党 教育再生実行本部

 

ここで言う、世界のMBAランキングというのはMBAの国際認定機関である

AACSB(The Association to Advance Collegiate School of Business )が

認定するビジネススクールを対象としたランキングを指します。

ランキングの基準は、卒業3年後の年収、卒業後の年収の伸び率、

経営学ジャーナル40紙への投稿数、卒業生の活躍国の多様性、教授陣の博士号保有率、

過去3年の経営学博士数、外国籍の教授数、留学生数などになっています。

参考:ファイナンシャルタイムズ社、2016年版MBAランキング

 

ランキングの上位は、有名なハーバード大学や、ペンシルバニア大学のウォートン、

スタンフォード大学などを初めとする欧米諸国の大学です。

アジアでは、中国のいくつかの大学と韓国の大学がトップ100に入っています。

 

ところが日本はというと、慶應義塾大学と名古屋商科大学の2校が

AACSBの認定を受けているのですがランキング圏外となっています。

国をあげて「世界のMBAランキング100に日本の大学院を5校以上入れる」

という目標を掲げないといけない理由がなんとなくご理解いただけましたでしょうか?

 

そこで今回はMBAランキングから見えてきた、日本企業の抱える問題。

それを解決するために、なぜ日本企業のビジネスマンにMBA

スキルが求められるのか?

その背景について、詳しく解説をしていきたいと思います。

 

目次

1.なぜ、日本企業はMBAランキング圏外なのか?

2.日本企業が抱える3つの深刻な問題

3.MBA取得者が企業で必要とされる理由とは?

4.まとめ

 

続きを読む

人材が人財に育つ! 「人材育成」の6つのポイント

よく事業は人、物、金が必要だと言われます。

 

最近は情報や時間を付け加えることもありますが、

基本はやはり人、物、金でしょう。

 

特に「人は城、人は石垣」という諺もあるように

古来より人の重要性が言われてきました。

 

物も金も重要ですが、この世の中は人で成り立っている社会なので

企業や組織を生かすも殺すもやはり人次第といえるでしょう。

 

「人材育成」は奥が深く、正解がありません。

とてもここでこういうものですとは言えませんが

 

自分の体験も含めて「人材育成」について必要なポイントを考えてみました。

 

目次
1.人材育成の6つのポイント
 1-1.相手を認める
 1-2.感謝する
 1-3.人を知る
 1-4.指導のスキルを上げる
 1-5.仕事の重要性を伝える
 1-6.指導者の人間力を高める

2.まとめ

続きを読む

ドラッカーのマネジメント5つの質問で、人間関係が改善する方法

 

あなたはドラッカーのマネジメントと聞いて、どんな印象を持つでしょうか?

 

既に学んでいる人は、

「すごく勉強になった」

「会社の売上が上がるようになった」

「マネジメントの考え方を勘違いしていた」

など思う方が多いと思います。

 

逆に、
「ドラッカー=難しい」という方程式が成り立っていて、

「取っ付きにくい」

「私には言っていること自体が難しすぎて理解できないのでは・・」

「この考え方は、会社の経営者や役職者が読むもの」

「マネジメントは、私には関係ない」

と思われている人がいると思います。

 

また、少し前に、
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(もしドラ)
という本がベストセラーになったり、漫画やテレビアニメ、映画にもなっていましたよね。

 

あなたは、この物語を本やテレビなどで見ましたか?

 

この物語を知っている。という人は、どんな感想でしたか?

 

そして、マネージャーが取り入れたことを、あなたは実践していますか?

 

私は、興味はありましたが、何となく見る機会を失ってしまい、
今でも結局見ていませんが、あらすじは色々な人から聞いていたので、知っていますが・・・。

 

詳しい内容はよく知らなかった私ですが、今回あることがきっかけでこの記事を書こうと思い、
色々と調べていると、確かに難しい言葉で言っていることもありますが、何度も読み返してみると、

「なるほど~」

と思うことが沢山ありました。

 

そして、私はこのドラッカーのマネジメントという考え方は、
会社の経営者や役職についている人だけでなく、誰でもこの考え方を知っていれば、
人間関係の改善や自己成長に役に立つのではないか?と思いました。

 

最初にお断りしておきたいことがあります。

 

今回の記事は私自身が思ったこと、感じたことを書いていますので、あくまでも個人的な意見です。

 

実際にドラッカーのマネジメントという考え方とは、
違っていることを言っている箇所もあると思いますが、その点はお許しいただきたいと思います。

 

また、ドラッカーのマネジメントについて、
色々なサイトで詳しく解説しているので、この項目の本当の意味を詳しく知りたい。

という方は、最後に掲載しています参考文献を参照していただきたいと思います。

 

前置きが長くなってしまいましたが、最初にドラッカーがいうマネジメントとは何か?
理解する必要がありますので、そこから本題に入っていきたいと思います。

 

 

目次

1.ドラッカーがいうマネジメントとは
2.ドラッカーマネジメント5つの質問
 2-1「われわれのミッション(使命)は何か?」
 2-2 「われわれの顧客は誰か?」
 2-3 「顧客の価値は何か?」
 2-4 「われわれにとっての成果は何か?」
 2-5 「われわれの計画は何か?」
3.まとめ(普段の生活に活かすために)

 

続きを読む

経営学で自分の人生をマネジメントする5ステップ

 

近年、大ヒットしたある本の影響で経営学が注目を浴びてきています。

経営学と聞くと、とても難しい勉強をしなければいけない感じがします。

 

「私は会社経営者になるわけでないので、そんな勉強は必要ありません。」

 

という声も聞こえてきそうですね。

 

実は経営学というのは、会社を経営する起業家や経営者のための勉強で

はないのです。

 

「経営学は、自分の生き方をマネジメント」する学問でもあるのです。

 

自分の人生をより良く、幸せで充実したものにしていくための

いわば、人生のマネジメント方法を学ぶのが経営学の本質なのです。

 

社会現象(※)「もしドラ」をご存知ですか?

 

高校野球のマネージャーになった女子生徒が、弱小野球部を甲子園出場へ

導く目標を立て、その実現に向けて部員の意識改革というマネジメントを

行っていく小説スタイルのビジネス書です。

 

そしてこの女子高生マネージャーが偶然手にした本こそが、
歴史上で偉大な経営学者の一人、故ピーター・F・ドラッカーの『マネジメント』なのです。

続きを読む

3つのステップで効果を上げる 競合他社に差をつける会社案内とは?

 

「会社案内を作りたいけど、いったい何を書いたらいいのか?」

 

とあなたは色々探し周って、すでにいくつかの会社案内を手にしていたり

パソコンで検索しているのかもしれませんね。

 

あなたが今手にしている様々な会社案内はいったいどんなデザインで

どのような内容が盛り込まれているのでしょう?

 

単色刷りで二つ折り、中とじタイプでポケットホルダー付きのもの

など色々なタイプがありますね。

 

 

いかがですか?

会社案内を見てその会社の商品、サービスを実際に使ってみたいと思いましたか?

 

実は、数多くの会社案内の中でも実際に使ってみたいと思うほど
あなたの興味を引くものは数少ないのではないでしょうか。

 

なぜ、このようなことが起こるのでしょう。

 

続きを読む

入社前のやる気を落とさせない”5つの新入社員研修内容”

新しく新入社員を採用する際、

正社員として会社の一員に迎え入れる前に
モチベーションを高めておくことは重要ですね。

 

とはいえ、ありきたりな研修内容では、
入社後の不安が膨らみ、モチベーションを上げるつもりが
下がってしまったなんて例もあります。

 

そうはならないためにも、新入社員研修について
抑えておくべき5つのポイントをお話ししていきます。

 

目次

1.新入社員研修の目的
2.入社前のやる気を落とさせない5つの新入社員研修内容
  2-1:自分の将来像(夢)
  2-2:企業理念を理解する
  2-3:自分の将来像(夢)と企業理念を重ね合わせる
  2-4:同期のつながりを強くする
  2-5:座学ではなく実践型の内容にする
3.「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)に勝る」
4.まとめ

続きを読む