起業して成功した人が必ず読んでいるお勧め本10冊を厳選

「企業して成功する人と、失敗する人の違いは何ですか?」

 

こんな質問を成功した起業家の方にすると必ずといっていいほど

返ってくる答えの一つは「たくさん本を読みなさい」です。

 

なぜ、本を読むことが起業して成功するために必要なのか?

 

それは、本を読む人のことを英語で「reader(リーダー)」と書きます。

起業して成功した人は自分の専門、得意な分野を活かして

世の中に良い商品やサービスを提供する「leader(リーダー)」になっています。

 

つまり、これからの世の中で起業をして、リーダー(leader)になり

成功をしていく人は、reader(リーダー、読書家)であることが求められるのです。

 

起業しても、5年以内に倒産する会社が9割くらいある時代です。

そんな時代に、起業をして長期的に収入を稼ぎ「成功者」と呼ばれる人は

実は密かにたくさんの本を読んでいるのです。

 

そこで、今回は起業して成功した人の多くが、必ずといって

いいほど読んでいるであろう本を、10冊ほど厳選しました。

 

まずは、お勧めの本のタイトルを見ていただく前に

「なぜ、本を読まないと成功できないのか?」

 

このあたりを、具体的に解説をさせていただきます。

 

目次

1:なぜ、本を読まないと成功できないのか?
 1−1:起業して成功するために必要なこと? 
 1−2:会社員時代のスキルや経験などは、誰もが簡単に真似できる
 1−3:ライバルは常に目を光らせている!?
 1−4:本を読んでおけば、真似をされても怖くない!?
2:なぜ「マインドセット」を学ぶ必要があるのか?
 2−1:コーヒーを通常の3倍から5倍の価格で売れるか?
 2−2:ライバルを寄せつけないスタバのマインドセットとは?
 2−3:マインドセットを学べる本を読む
3:起業で成功したい人は読んでおきたい10冊の名著
4:まとめ

 

続きを読む

やりたいことが見つかる! 自己実現を助ける5つの自己分析

「今の会社の待遇は悪くはないけれど、仕事が好きになれない。。。」

「今の仕事を辞めるのか?続けるべきなのか?」

好きな仕事に就いたはずなのに… 

今は毎晩のように仕事の夢を見ては目が醒める。。。」

「転職するにしても、自分は何がしたいのか?何が向いているか考えても

答えがでてこない。。。」

こんな迷いを持ったまま、ズルズルと仕事を続けていってわたしの人生

何の意味があるのだろう?

もっと、やりがいや生きがいを感じることがしたいのに、、、

という悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は

「どうして、自分が何をしたいのかわからない」のか?

その理由と

「やりたいことを発見する」

5つの自己分析法をお伝えしていきます。

目次

1:周りの人の意見を自分の意見だと勘違いしていませんか?

 1-1:そもそも、現在の仕事はあなたが本当に望んで就いた仕事だったのか?

 1-2:自分の中のドリームキラー

 1-3:人生最後の日から逆算してみる

2:本当にやりたいことを見つけてそれを仕事にするには?

 2-1:キャリアのスィートスポット

3:やりたいことを発見する7つの自己分析法

 3-1:人生で喜びを感じたワクワクした時

        落ち込みを感じた時の節目を書き出す

 3-2:人生グラフをつくる

 3-3:あなたのハッピーを書き出してみる

 3-4:仮説をたてる

 3-5:ストレングズ・ファインダー

続きを読む

転職するときに知らないと損をする?!雇用保険7つの手続き

転職するときに必ず手続きしなくてはいけないのが、雇用保険の手続きです。

 

でも、会社を退職して次の就職先が決まっていない時、

つまり失業保険をもらう時にしかお世話になることがありません。

 そのため、自分自身で細かいところまで把握するのは難しいです。

 

ハローワークの職員も色々と相談に乗ってくれたり、

わからない点は教えてくれますが、

なかなか個人の事情を全部聞き出すのは難しく、

ハローワークが主催する雇用保険受給に関する説明会も、全体的の話しかしないので、

特に初めて参加した人には全部理解するのが難しいです。

 

だから、変に勘違いしてしまって、給付金の支給が遅れたり、

もらえるはずの給付金がもらえなかったりする場合もあります。

 

そうならないためにも、今回は、最低限知っておきたい雇用保険についてと、

意外と知られていない7つの雇用保険手続きを、わかりやすくお伝えします。

 

 

【目次】

1.雇用保険って何?

2.最低限知っておきたい雇用保険の手続き

3.意外と知られていない7つの雇用保険手続き

4.最後に

 

続きを読む

マイナンバーで副業がばれる!はウソ!?バレない副業に必要なたった一つの知識とは?

賛否両論、さまざまな議論を巻き起こしたマイナンバーも、

平成28年より制度の本格運用が開始しています。

 

その詳細について、実はよく分かっていないという人も多いのですが、

制度の開始直前に「マイナンバーで副業がばれるのではないか」というウワサが流れ、

多くの副業をしているサラリーマンが不安になったようです。

 

マイナンバー制度によって、本当に副業がバレる可能性があるのかどうか、

詳しく見てみましょう。

 

 

目次

1.マイナンバー制度とは?

2.個人情報は守られるのか?

3.副業はバレるのか?

4.キャバ嬢は廃業すべきか?

5.アルバイト以外の働き方を考えよう

 

続きを読む

仕事で部下をもつリーダー必見!新入社員のやる気を引き出す10のコツ

このお話は、次の方のために書きました。

 

1|部下を初めてもったリーダー、管理職の人                                                          

2|新入社員を育てる起業家や会社の経営者

3|部下が思い通りに結果を出してくれず自信喪失中の人

 

あなたはリーダー不適格!?

 

リーダーや管理職になると新入社員などの部下を持つことになります。

 先輩と後輩の関係ではなく、上司と部下の関係です。

 

先輩の立場で新入社員に接する時に必要なのはキャリアに基づく

「経験」や「知識」です。

 

これを詳しく教えることができる人が、優秀な先輩です。

 でも、リーダーは違います。

 

リーダーの仕事は、新入社員を育てることです。

 自分の経験を教えることだけが、リーダーの仕事ではありません。

 先輩の延長で、リーダーの仕事をやろうとすると必ず失敗します。

 

なぜなら、新入社員の後輩が経験を積み、知識が増えると先輩の仕事の実績や

経験を超えることもあるからです。

 

そうなってしまうと、例え組織内の肩書きではリーダーと部下という立場の

違いがあっても、あっと言う間に「リーダー不適格」の烙印を押されてしまいます。

 

リーダーの言うことを聞いてくれなくなり、仕事の結果も出して

くれなくなるという悪循環に陥ります。

 

すぐ会社を辞める新入社員

 

今は、どこの企業も新入社員の定着率が、短いと言われています。

 せっかく入社したのに、すぐに辞めてしまう新入社員が年々増えています。

 

参考:厚生労働省「新規学卒者の離職状況に関する資料一覧」

http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/24.html

 

採用活動にお金をかけて、1、2年、社員教育をしたら転職されてしまいます。

これでは、会社の損失のほうが多くなります。

 

でも、その原因を作っているのもまた会社なのです。

 

おそらく、その際たる原因が、新入社員が入社後に初めてつく

リーダーの影響が多いと感じています。

 

先輩の役割を果たしているだけのリーダーの下に配属されると

ヤル気がなくなります。

新入社員のヤル気を引き出すのは、正しい知識や考え方を身につける必要があります。

 

そこで、今回はリーダーのための新入社員のモチベーションを上げる

コツについて、10の要点をまとめました。

 

目次

1.「なりたい自分」の目標を明確にさせる
2.強い欲を持たせる
3.結果ではなく、プロセスを評価する
4.褒める時は、みんなの前、怒る時は二人きり
5.相手に思いつかせる
6.聞き手に回る
7.能力に自信を持たせる
8.褒美よりも自己重要感を満たしてあげる
9.「頑張れ!」ではなく、「頑張っているな!」
10.次のリーダーを育てる心構えが必要
おわりに

 

続きを読む

転職市場であなたの価値を知る3つの方法と市場価値を上げる2つの意外な方法

平成28年4月のデータですが、完全失業率(※1)が3.2%(総務省統計局)、

有効求人倍率(※2)が1.34(厚生労働省)になっていて、この数字から見ても、

今現在の転職市場は売り手市場と言えます。

 

※1完全失業率とは・・・

15歳以上の働く意欲のある人(労働力人口)のうち、

仕事を探しても仕事に就くことのできない人(完全失業者)の割合。

(金融中央広報委員会「知るぽると」より)

 

※2有効求人倍率とは・・・

有効求人倍率とは、「求人数(仕事の数)」を「仕事をしたい人の数」で割ったものです。

これは、世の中にどれくらい求人(仕事)があって、それにどれくらい応募(仕事をしたい人)が

あるかを表しています。

たとえば、仕事の案件が100個あり、そこに200人応募していたら、有効求人倍率は「0.5」になります。

逆に、「うちで仕事をしませんか?」という求人募集が200件あって、

それに応募する人が100人しかいない場合、有効求人倍率は「2」になります。

(小暮太一のやさしいニュース解説より)

 

 

しかし、イギリスがEU脱退して世界経済が混乱すると予想される中、

日本経済も影響を受けると言われています。

ある一説では、リーマンショックと同等の影響を受けると言われています。

 

そうなると企業の業績も悪くなり企業側の採用も鈍くなり、

今の売り手市場が買い手市場に変わる可能性があります。

・すぐにでも転職したい
・いい会社があったら転職したい
・今の会社でずっと働くことに疑問を持っている

と思っていて、現状のあなたの市場価値を知らないと、

あなたの市場価値は高いけど低い給与で働き続けないといけない状況になります。

 

雇っている会社側はいいですが、働いているあなたは、たまったものではないですね。

ある人は自分の市場価値を調べて、現在働いている会社に給与交渉して、給与アップした。

という人もいます。

 

また、自分の市場価値を知らないで転職活動をしてしまうと、

折角内定をもらった会社で、自分の求めている給与額より低い給与を提示されてしまう。

という結果になりかねません。

 

そして、今は転職を考えていなくても、現状の市場価値がわかっていれば、

より市場価値を上げるためにはどうしたらいいかが明確になり、

あなたの市場価値をさらに上げることができ、市場価値が上がったところで、

転職をすれば大幅な収入アップにつながる可能性があります。

 

今回は、あなたの適正な市場価値を知る3つの方法と自分の市場価値を高める2つの方法をお伝えします。

 

 

目次

1.今の転職市場

2.勘違いしやすい自分の市場価値

3.正しい自分の市場価値を知る3つの方法
 3-1.転職エージェントを利用する
 3-2.自分の年収がわかるサイトを利用する
 3-3.実際に転職活動してみる

4.自分の市場価値を高める2つの方法
 4-1.自分の職歴・キャリアを整理する
 4-2.どの会社も求めるスキルを磨く

5.おわりに

続きを読む

進学先で選びで迷っているなら、、 まだ、間に合う!4つの合同説明会

もう、そろそろ進路をきめないといけない時期なのに

特にやりたい仕事もないし、行きたい大学も決まっていない…

 

こんな時、、、

あなたならどうしますか?

 

大学の名前や、偏差値、現役で合格できそうな大学など

そのような表面的なことにとらわれて志望校を決めてしまってはいませんか?

 

近年、

「入学後に自分が希望していたものが学べない」

「親の進める学部に入ったけど、やっぱりやりたいことではなかった」と

 

合格した大学に通いながら

翌年、もう一度別の大学に挑戦する仮面浪人と呼ばれる再受験者が増えています。

 

なんとなくでも、ここに通いたいと思っている大学がある人は

事前にその大学について調べてみてください。

 

似たような学部・学科名、全く同じ学部・学科名でも

大学によって内容が違うことがあるのです。

 

入学した後で「大学選びに失敗した」と後悔しないように

その大学で具体的に何が学べるのかしっかりと下調べをしておきましょう。

 

そこで、多くの大学が一堂に集まって一挙に知りたいことを教えてくれる

合同説明会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

合同説明会に参加して、いくつか候補をしぼる。

それから、オープンキャンパスに参加したり実際に学校見学をしてみましょう。

 

目次

1:様々なタイプの合同説明会
2:今からでも間に会う4つの進学合同説明会
 2−1:DCJ大学情報センター 
 2−2:夢ナビライブ 
 2−3:Z会 
 2−4:エイビ進学ナビ
3、進学する目的は何かを考える

 

続きを読む

年収1000万超えのビジネスマンが共通して学んでいる4つのコアスキル

はじめに

 

今回は、3人の方に向けて書きました。

 

1|今の会社で出世したいサラリーマンの方

2|有利な収入条件で転職したい方

3|独立起業して自分の力で稼いでいきたい方

 

未曾有の不景気と言われる中でも収入を増やすことに成功している

ビジネスマンもいます。

参考:日本の富裕層ピラミッド上位14人、下位200万人

 

今回は、そんな高所得者層の人たちが共通して学び、身につけている

4つのコアスキルについてお伝えします。

 

この4つのビジネススキルのうちのどれか一つ、深い知識を持っているだけで

収入アップはほぼ間違いなく約束されることでしょう。

 

逆に、この4つのコアスキルを身につけても収入が増えない場合は、

転職をしたり起業をするという選択肢も増えるはずです。

それくらい将来に渡って長く役立ち、収入に直結するビジネスマン必須のスキルと言ってよいでしょう。

 

それでは、さっそく4つのコアスキルについてみていきます。

 

目次

1:セールス
 1−1:ギネス認定、世界一の営業マン
 1−2:契約率99%!日本の営業の神様
 1−3:セールス力の高め方
2:コピーライティング
 2−1:セールスコピーライティングとは?
 2—2:どうやって学ぶのか?
 2—3:セールスコピーライティングの実践と事例
3:パブリックスピーキング
 3−1:パブリックスピーキングの勉強方法
 3−2:YouTuber的トレーニング法
4:オンラインマーケティング
 4—1:お客さんはどこに消えた?
 4−2:金太郎飴のライバルばかり
 4−3:マーケティングでお客さんを連れ戻す
 4−4:オンラインマーケティングを学ぶ方法
5:おわりに

 

続きを読む

会社を辞めたら確定申告しないと損をする?!おさえるべき6つのポイント

会社を辞めたら生活がガラッと変わって考えなければいけないことが山ほどありますよね。

 

ついつい目の前のことに追われてしまいますが、

確定申告のことをしっかり知っておかなければ、何十万円も損をするかもしれません。

 

偉大なお国と立派な会社がしっかり管理してくれているから大丈夫だと思ったら大間違いです。

 自分の財布の紐はしっかり握っておきましょうね。

 

今回は「そもそも確定申告って何?」というところからスタートして、

知っておかなければ損してしまうポイントを解説します。

 

目次 

1.税のとりたてから身を守る、確定申告とは?
2.国が税金を取るときの6つの真実
3.確定申告って難しそうと思ったら
4.会社を辞めたら翌年には確定申告を
5.会社を辞めた人が確定申告のために用意するものは?
6.まとめ

続きを読む

ゼロからコーチ・コンサルタント・士業で起業したい方必見!セミナー集客ブログ5つの新常識

はじめに

これからコーチ・コンサルタント・士業などで起業を考えている方にとって

切っても切り離せないのはセミナーです。

 ゼロから起業する人にとっては、信頼も実績もないところからのスタートです。

 

そのためセミナーで講師として、人前で話をすることによって様々なメリットを享受することができます。

例えば、短期間で「信頼」を手に入れることができるのも一つです。

 

また最初から「先生」の立ち位置でクライアントを獲得できるようになるため、

知識やスキルに見合った高い報酬を手に入れることも十分可能になってきます。

 

しかしながら、セミナーを開催することのメリットがわかっても、現在のあなたにとっての最大の問題は・・・

 

「セミナーを開催したいけど、どうやって集客をしたら良いのですか?」

 

ということが、最大の関門になってくることだと思います。

 

そこで今回は、ゼロからコーチ・コンサルタント・士業で起業したい方のための

セミナー集客ブログ7つの新常識についてお伝えします。

 

目次

1:そもそも、ブログとは何ですか?
 1-1:ブログの歴史
 1-2:具体的なブログの種類
2:セミナー集客ブログ5つの新常識
 2-1:ブログ上ではセミナーを売り込まない
 2-2:専門家は嫌われる
 2-3:動画を積極的に取り入れる
 2-4:単純アクセス数よりもリピート読者数を増やす
 2-5:お客さんが知りたい言葉とパワーのある単語を使う
3:ブログを始める際の最低限のマナー
4:おわりに

  続きを読む